ドドド・スタートアップにTwitter経由で採用されて3ヶ月経った感想

インターネットのいわゆるポエムというものは自分も他の人も大抵は負の感情駆動だと思うのですが

今回のポエムは残念ながら正の感情駆動ということを初めに注意として言っておきます。

ドドド・スタートアップに入社した

まだ会社設立から数年も経ってない新しい会社、いわゆるドドド・スタートアップに11月に入社しました。

きっかけはTwitterで以下のようなイキりツイートをかましていた時に声をかけていただいた次第です。

感想

(初めに注意として弊社と言う表現はあえて使っていません)

端的に言って僕が働く場所としては最高です。あくまで"僕が”働く場所としてです。たまたま僕が会社に合っていたということが大きいと思います。

なので以下はただただ会社を褒めるだけの記事になります。

“楽しい”がある明日を創る

まず、会社の理念は下記の通りらしいです。

https://www.handii.co.jp/philosophy/company-identity

正直に言ってしまうと初めにこれを見たときは険しい感情が芽生えました。

というのもこう言った大層な理念は大抵はすぐに形骸化してただのホームページに生えてるだけの文章になりがちだと思うからです。

まだ働いてから3ヶ月しか経ってない段階でいうのも少しはばかられますが、僕の視点から見るとこの理念は完全に体現されていると思います。

Missionについてはプロダクトがリリース出来てないので今の段階で言及するのは微妙なのですが

少なくともVisionValueは確実に現実になっているなぁという感じがします。

どのように楽しいの?

理念では楽しいというのが繰り返し強調されていますが、では具体的にどんな風に楽しいのかについて語ります。

以下の特徴をまとめて言うと、人に恵まれていると言うのが正しいと思います。

クソなことをクソと言える

めちゃくちゃ口汚い表現ですが、端的に言うとおかしいなと思ったことをその場で言えばそれに対して納得のいくように議論が進んでいきます。

お気持ちと論理を切り分けられる

議論をする時に感情的になることはよくあるものです。人間だからしょうがないです。

そこで議論する時に大切なのは良くも悪くもお気持ちと論理を切り分けられることです。

会社の人が言っていた言葉として、感情は議論の副産物と言うのがありました。副産物を副産物としてきちんと切り分けられる環境がここにあります。

本質的に「ちゃんとして」る

CTOがよく「ちゃんとして」と言います。これは外部に対してよく言ってる言葉です。

この会社は本質的にちゃんとしていると思います。もし、ちゃんとしていないことがあったとしてもすぐに誰かがそれはクソと言う発言をすることでちゃんとした方向に持っていきます。

開発陣だけでなく、コーポレート部や経営陣も例外ではなくちゃんとしています。

「つらくなってないか?」

基本的に楽しいですが、仕事なのでつらいときもあります。ですが、つらいときはそのつらさを軽減するために周りが動いてくれますし

もしつらさを発露できなかったとしてもCTOが「つらくなってないか?」とわりと頻繁に聞いてくれます。

これらのおかげでつらさは本質的に発生するつらさのみとなっていて、最低限のつらさで働くことができます。

なんかごきげんという社内レクがある

初めに社内レクをやるよと聞いたとき、悪い予感がしました。インターネットで語られる社内レクは散々なものです。

これは完全に個人の感想で、小学生でも言えるような感想ですが、楽しかったです。

社内レクは12月はパン作り、1月は書き初め、2月はDIYをやりました。

和気藹々と社内レクで普段やらないことをやるのは単純に楽しいです。

実は2月の社内レクは一日中寝ていたので参加できなかったのですが、Slackの様子を見ていて参加できなくてとても残念だと思うほどにこれまでの社内レクは楽しいものでした。

じゃあ何をやっとるの?

いわゆるイケイケFinTech(Financial + Technologyの略、別の言い方で表せば「新しめの金融」)企業です。

まだプロダクトがリリースしてないので何も言えないのですが、新しい金融を作るのが目標です。

僕はRustでサーバーサイドのエンジニアをやっています。

一緒に働きたい人へ

ここまで読んでくれた方には吉報です。

なんとこの会社では採用活動を行なっています。

急にリクルーティングの話になって最悪の気持ちになった人もいますでしょうが、もし興味のある方は

僕か

twitter.com

CEOか

twitter.com

CTOか

twitter.com

kotaroか

twitter.com

かばにゃすか

twitter.com

はまともまで

twitter.com

DMをお願いします。

Twitterアカウントがないよーと言う方は

採用についてのお問い合わせ

Contact

まで連絡してください。

べた褒めの記事でしたが、合う合わないの激しい会社だと思うのでそこは織り込んでお願いします。