読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三種の勉強会盛り合わせ日記(一日目)

3月の23~25日までに三つの勉強会に参加してきたので、感想をまとめて書いておきます。

Rust プログラマーミートアップ

前日譚

今回東京に行こうと思ったきっかけがこの勉強会です。

今までも何回かRustのイベントがあることは知っていたのですが、どれもRustを(あまり)知らない方向けという感じでした。

しかし、プログラマーミートアップはそれらに比べると本格的なRustLangを使った技術に触れられそうな気配を感じ取りました。

そして何よりも

こんなことをツイートする通り、Rustのことを(自分の中では)得意な言語だとは思ってるものの

本物のRustのプロ各位はどんなことをやっているのか気になってたまらなくなり、前日に急遽行くことを決めたというわけです。

感想

コンパスのサイト

最初の方の話は諸事情で30分遅れぐらいで参加しました。

英語圏の方の発表でしたが、英語があまり分からない僕は「Rustで作ったライブラリは高速だ!」ということぐらいしかわかりませんでした。

二番目の発表はiOSアプリの開発者の方でSwift使いから見たRustの利点などを話していました。

Swift にも if let 式があるのですが、 let を複数かけるらしくその機能はぜひRustにも取り入れてほしいです(今のところはタプルを使うことで同じようなことはできますが…)。

三番目の発表はTwitterGoogle検索でもよく見るRust皿が頭についた河童のアイコンのκeenさんの発表でした。

発表に使われたソースコードはRustの機能を上手くつかっていて、見ていて「なにこれ、ぼくのかいてるRustとちがう」となりました。

開発に便利なライブラリの紹介もあったのでぜひ使っていきたいです。

[κeen](http://keens.github.io/slide/Rust_in_Production/)さんのスライド

懇親会では検索エンジンの会社に勤めている方と話したり、κeenさんとこばさんの(qnighy大丈夫かみたいな)話を聞いたりしました。

もっとくわしく勉強会の内容について知りたい方は、僕に直接リプライを送ったりすれば答えられるものは答えます。

また、Twitterハッシュタグ(#rust_jp)でも参加者各位のライブツイートがあるのでそれも参考にしてください。

本日の記事は以上です。次は二日目の記事(Vuls祭り#2)を明日とかに書きます。